治験のメリット・デメリット

治験というと怖いイメージを持たれがち?

治験のメリットデメリット

新薬を世の中に生み出すためには、治験は重要になります。しかしながら、治験というと怖いイメージを持たれる方も少なくないでしょう。

患者さんにお話しすると、「治験=人体実験」と誤解されてしまうことも多いです。治験にはデメリットがあるのも確かですが、患者さんにとってもメリットもあるものになります。

ここでは、患者さんにとって治験にはどのようなメリットとデメリットがあるのかをお伝えしていきたいと思います。

治験のメリットとは?

メリット

治験に関する検診が無料

健康診断を受けるため、今の自分の健康状態を把握できます。また、病気の早期発見に役立ちます。

メリット

経済的な負担が不要

通院や検査のための時間的拘束や日常生活上の制約などに対しては、協力費や負担軽減費が支払われます。

メリット

従来の薬との効果の確認

現在服用中されている薬がある場合、治験で使用する薬との比較が行えます。

メリット

社会貢献になる

新薬やジェネリック医薬品の開発に寄与することができ、新しい薬を世に送り出すための創薬ボランティアとして貢献できます。

メリット

最新の治療を受けられる

現在闘病中の方はいままでの薬では効果が見られなかった疾患に対する再最新の治療を受けられるチャンスがあります。

メリット

専門的な診察を受けられる

専門医により、通常の診療よりも手厚い診察と医療的なアドバイスを受けられます。

まったくの新薬の治験というのは、日本ではとても少ないです。海外ではすでに実際に使われているお薬を日本でも使えるようにするために、治験が行われることが多いです。

そういう意味では、治験によって海外のお薬が使えるチャンスがあります。治療の選択肢が広がるのです。

また治験中は、そのお薬の効果や副作用をしっかりと確認するため、医師側も評価していく必要があります。治験によって方法は異なりますが、スコアシートなどを使いながら患者さんの状態を評価していきますので、診察も丁寧になります。

そして治験中は、コーディネーター(CRC)というサポートスタッフがつきます。治験薬のことはもちろん、治療などのサポートを受けられます。

費用的なメリットもあります。治験によっても異なりますが、製薬会社が治療費を負担してくれることがあります。検査や通院のたびに、負担軽減費(1回7000円ほどが多い)を受け取れることがあります。

そして治験は、新薬を世の中に出していくために必要不可欠です。あなたが治験を受けることで、多くの患者さんの治療選択肢が広がる一助になります。そういう意味では、社会貢献ともいえるかと思います。

治験のデメリットとは?

デメリット

検査に関する時間が必要

検査に必要な通院や診断のために、時間を割かなければならない場合があります。

デメリット

検査のルールがある

治験のスケジュール(起床・就寝時間)や注意事項(禁酒・食事制限・運動制限など)など規定があります。

デメリット

薬を使わない検査がある

薬の成分を含まないもの(プラセボ)を飲む場合もあるため、確実に治療の効果が得られるという保証はありません。

デメリット

特定の病院での実施

特定の病院での実施となるため、指定された病院に通う必要があります。

デメリット

全ての薬には副作用があります

市販されている薬も治験に使用する薬も効果と同時に医師も予想しない副作用が出る場合もあります。

デメリット

服用中の薬を中止する場合がある

専門医により、通常の診療よりも手厚い診察と医療的なアドバイスを受けられます。

治験の最大のデメリットは、薬の使い方を自由に決めることができない点です。服薬内容がわからなかったり、偽薬(プラセボ)が使われることがあります。

お薬の効果や副作用をしっかりと確認するためには、医者も患者さんも先入観があってはいけません。ですから、服用内容を医師もわからないことがあるのです。

また治験によっては、現在服用中のお薬を中止しなくてはいけないこともあります。

そして治験は、スケジュールに従って受診をしなくてはいけません。時間と労力がかかってしまいます。治験中は転院も難しくなってしまいます。

治験に至るまでに安全性は検証されていますが、それでも予期しない副作用が出現する可能性はあります。治験では安全性を第一に進めていきますが、そういったリスクはゼロではありません。

  • 治験モニター募集中

治験について知ろう

治験バイト新着情報